環境対応インキ

CO2削減に貢献する植物由来インキ

樹脂を従来の石油由来から植物由来のものに置き換えることで
枯渇の心配なく、インキ20%相当のCO2削減に貢献し環境負荷低減につなげることができます。

What is environmentally friendly ink? 環境対応インキとは

環境対応インキは、環境・安全性に配慮したC02削減に貢献する植物由来のインキで、一般社団法人日本有機資源協会のバイオマス認定基準「バイオマス度10%以上」を満たしております。
また、欧州規制(スイス条例)に準拠した基本設計をベースに高い品質で構成されており、安全性を備えた通常用途から、ボイル・レトルト用途まで幅広く適応可能です。
一般的な汎用ラミネートインキと同等の印刷適性、印刷効果が得られます。

  • ※バイオマス 再生可能な、生物由来の有機資源で化石資源をのぞいたもの
  • ※バイオマス度 (使用したバイオマス原料の乾燥重量)÷(インキの乾燥重量)×100

Merit 環境対応インキのメリット

  • 石油由来の従来インキと異なり、枯渇性資源に依存しない為、持続可能社会を実現させるための取り組みにもつながります。
  • 植物は太陽光をエネルギーとした光合成により待機中のC02を吸収して成長するので、植物由来の環境対応インキは石油由来の従来インキよりも待機中のC02を増加させません。

Technology 環境対応インキのバイオマス比率

顔料:現在のところ汎用品でバイオマス型は存在しない

樹脂:天然物(被子植物の種から抽出した成分)を原料として使用

Effect 環境対応インキの炭酸ガス削減効果

環境対応インキを使用することにより、石油由来の従来インキと比較して高い炭酸ガス削減効果が得られます。
(現状、希釈した状態でのC02削減量は、約8%~16%のC02削減が見込めます。)